Admission of OCEDN

口腔がんは早期に発見できる

口腔がんは他の部位のがんと違い、「直視、直達」できるがんであり、集団検診のみならず歯科診療所で通常の歯科診療時に発見することが可能です。

マスメディアにも最近取り上げられ、国民の関心も高まっています。

ですが、具体的にどういった手順で診ていけばよいのでしょうか。
また、発見した際、どのような行動が求められるのでしょうか。

症状があって専門家が行なう細胞新は、保険診療として算定が行なわれる

現在、口腔内細胞診は歯科単独の保険診療として算定が認められています。

しかし、検査方法や、細胞診をおこなうべきケース、細胞診とは・・・?
また、即時高次医療機関に紹介するケースとは・・・?

――様々な判断と、各機関との連携が求められています。



ネットスタディシステム、研修会の実施、連携体制の提供など、私たちがサポートいたします

上記のように、迷ったり、困ったりすることもあると思います。

また、いつもの業務と異なる取り組みを開始するには、ノウハウの習得も含め、個人の力では限界があります。
我々の活動に賛同していただけるのであれば、ぜひご入会ください。

口腔がんの早期発見、この大きな課題に、組織として取り組んでいきましょう。


メリット

  • ネットスタディシステムのご提供
  • ハンズオンの実施
  • 検査・報告体制の情報提供、斡旋
  • 法人認定歯科医師・歯科衛生士としての認定書を発行
  • 希望により歯科医院名をホームページ上で公開

ネットスタディシステムのご提供

日々の診療業務をこなす中で、定期的に研修会へ参加することは難しいかと思われます。
そこで、OCEDNでは、日常業務の合間や移動中に会員の皆様が学習できる、ネットスタディシステムをご提供しております。
このシステムへの受講登録をしていただくことで、ハンズオンへの参加、認定書の発行、検査・報告体制の提供など様々なサポートを継続的に受けることができます。

詳しくはこちらをご覧ください。

ハンズオンの実施(予定)

より実践的な学習を行いたい方のために、ハンズオンの実施を計画しています。

検査・報告体制の提供

一つの歯科医院でできることには限りがあります。何らかの症例をみつけたとき、高次医療機関に紹介したり、検査機関に検体を送ったり、各機関との協力体制が必要不可欠です。
我々は組織として各地域ごとのマップを作成し、会員の皆様に高次医療機関や検査機関の情報を提供できるよう努めてまいります。

法人認定歯科医師・歯科衛生士としての認定書を発行

希望者には、認定書を発行いたします。

対象

  • 歯科医師の方
  • 歯科衛生士の方
  • 歯科技工士の方
  • 医師の方
  • 看護師の方
  • 保健師の方
  • 介護分野に属する仕事に就かれている方
  • その他、当NPO法人の活動に賛同し入会を希望される方

※事業の賛助をされる賛助会員の方もあわせて募集しております。

入会方法

入会をご希望の方は、下記の入会申込書をダウンロードの上、必要事項を記入して電子メールに添付し、本会事務局までお送り下さい。
また、その際銀行振込にて入会金と年会費をご納入いただき、お納めいただいた振込依頼書をデジカメ等で撮影したものも添付してお送りください。

メールアドレス
LinkIcon

なお、郵送やFAXでも受け付けております。その際は振込依頼書は写真ではなくコピーを同封してください。


LinkIconその他のお問い合わせはこちら

入会申込書と会費の納入が確認された時点で、事務局より会員証等をお送りします。

ご不明な点は事務局までお問い合わせください。


LinkIcon正会員入会申込書

LinkIcon賛助会員(団体)入会申込書

LinkIcon定款

【首都圏連絡事務所】
 〒272-0021
 千葉県市川市八幡2-9-9 市川市歯科医師会館内
 電話&FAX 047-332-0211
 E-Mail : info@ocedn.jp

会員種別
・正会員    入会金 2,000円  年会費 3,000円
・賛助会員   入会金 10,000円  年会費 30,000円(一口)何口でも可